ハゲ大学トップページへ

私が試して実感できたハゲ対策法をまとめてみました。

頭に効くツボをハゲ対策に活用する

頭に効くツボをハゲ対策に活用する

情報確認・更新日:2016年12月20日

頭の血流不足を解消するために、もう一段階踏み込んで、頭自体を刺激してさらに血液循環を促進することがより効果的な方法では?と考えます。

そこで、最も効果的かつ簡単に行えてしまうのがずばり「ツボ」です。
最近ではマッサージのメニューの一つとして、ヘッドマッサージがオプションなどで見かけるくらいメジャーなものになっていますよね。そもそも頭皮マッサージと違ってツボ押しはそれ自体血行を促進させることが大きな目的ですから、理に十分かなっているともいえます。

では具体的にどのツボを押していけばいいのか、家にちょうどあった足つぼの本があったので、それを読み解いてみると、まず、育毛に効く、髪が生えるというダイレクトな目的のツボは見つけることはできませんでした。
さらに範囲を広げて頭のツボという観点で調べると、十数種類ほど存在しています。
もちろん、これらをただやみくもにやっても実際問題そんなに押せないですし、続けにくいと思います。
そこで、私がさらにこだわっているのは、簡単にできて、かつ気持ち良い刺激があるかということです。これなら続けやすいですし、逆に痛いだけではストレスになり、続けるのも苦痛になりますからね。
以上の観点から、私も今現在も続けている厳選した効果的であろうツボを3つご紹介します。

1.風池(ふうち)

風池

まず一番押してほしいツボは血行促進そのものに関わるものですね。
これには風池という名前がついています。
これは後頭部に位置します。横の図解の通り、おおよその位置としては、首の付根から頭部につながる部分になります。ポイントは首筋を下から押し上げていったとき、指が止まるところです。
少し言い換えると、頭蓋骨の下、うしろ髪のはえぎわにあるくぼみです。それよりさらに指1本分外側を押さえることがポイントです。
指の腹を使って、体に対して垂直に押し当て、力を加えていくことで、頭部への血流を促進させることができます。

実際にやってみると、かなり気持ちいいです!押している間はかなり圧迫感があり、どちらかというと痛いと思うかもしれません。しかし押し続けて指を離してみるとほのかな爽快感が伝わってきて少し頭が軽くなった気分にもなりました。 仕事に詰まった時など気分転換の意味でもやってみてもよいくらいです。

2.百会(ひゃくえ)

百会(ひゃくえ)

血行促進でもうひとつ大事なことは、体を緊張状態から解きほぐし、リラックスした状態に導いてあげることです。
その精神的なリラックス効果をもたらしてくれるものとして有名なのが、百会というツボ。ちょうど頭のてっぺんにあり、左右の耳の延長線上と鼻からの延長線とが交わるところにあります。別の言い方をすると、頭頂部で、両耳を結んだ線と、顔の左右の中心線の交差する位置になります。

指で押すこともいいのですが、さらに実践している効果的な押し方があります。
まず、ツマ楊枝を10本ほど輪ゴムで束ねたものを作ります。尖った側の反対を使って押すことでツボを刺激していくのです。ちょっと痛そうに思えたのですが、実際にやってみるとこれが意外と癖になる刺激…、痛いんですが慣れてくると気持ちいい…。イタキモととはこれのこと。もはや指だけの刺激では物足りない感じになります。

3.足裏の親指と湧泉(ゆうせん)

親指と湧泉

最後にご紹介するのは、頭そのものではなく、「足裏」です。お気づきの方がいらっしゃるかもしれませんが、足裏には、体の各器官に通ずる「反射区」と呼ばれる箇所が存在します。足裏マッサージがこれだけ普及している理由も、全ての器官を網羅するツボが集まっているからだと思います。

頭部に通じる反射区はちょうど親指の部分に当たります。真ん中の部分を中心として押していくことにより、それが頭部への刺激につながります。

ただこれだけですと、風池、百会ほどのここちよい刺激どころか、あまりピンとくる刺激がないので、続けにくいかもしれません。
モチベーションを高めるためにもう一つやりがいのあるツボを私は並行して押しています。

それは湧泉というツボです。これは特に部位が限定されておらず、全身の血行を高めるための万能のツボとされています。位置の特定が少しややこしく、足裏の中心部分から足先にむかったところ、人差し指と中指の骨の間にある少し窪んだところが該当します。
探してみると意外と見つけにくいですが、その場合は指を折り曲げてみると見つかりやすかったです。
やってみるとかなりが押しがいのある痛みがあります。全身に有効ということで、体全体の健康も合わせて親指とセットで行ってみてはいかがでしょうか?

お風呂上がりに10分ほど行えば一石三鳥効果

せっかく毎日行うのですから、どうせやるなら一番効果的なタイミングで行いたいものです。
私が特におすすめしたいのが、お風呂あがりの一時です。一番体温が上昇して血液の巡りが良い時間であり、さらにツボを押すことによって、ワンランク上の血行促進につながるでしょう。
また、風呂あがりって少し休憩することが多いですよね。とりあえず私なんかはテレビの前でボーっとしている時間があります。さらにその時間に育毛剤を塗布しているので、この時間を利用してリラックスしながら行えば、そもそもツボを押すことでの気持ちよさも増幅できますし、時間の無駄もない、さらには血行アップと一石三鳥といえるわけです。
実際やり続けて思うことは、火照った体がさらに熱を帯びるような感じです。ただ、真夏にこれをやると、暑くて暑くてしょうがないので、その時期だけは一時クールダウンしてからやっています。逆に冬場だと湯冷めしにくい感じになりますよ。

時間ですが、各部位一回当たり30秒ほど押し続け、それを3セット程繰り返すともう十分!という感覚になります。 一つのツボでおよそ2分程度、全部実施しても5~6分程度で終わるものと考えて頂いて構いません。最初こそとまどうものの、一定の気持ちよさもあるので慣れれば習慣として続けることができると思いますのでぜひチャレンジしてみてください。

ページTOP