ハゲ大学トップページへ

私が試して実感できたハゲ対策法をまとめてみました。

時間を意識しながら段階的に効果を見極める

時間を意識しながら段階的に効果を見極める

情報確認・更新日:2017年1月14日

対策にあたってはひとつ独特の概念を持っていただく必要があります。
それは「時間によって効果を見極めを行う」ということです。

例えば最初はほんの一部薄くなっていたとしても、たいていは時間の経過とともに進行していくものです。
私自身も最悪な時は3~4割くらいの部分が薄くなっていました。
なにも対策しないままだとどんどん広がっていくだけですし、効果がない方法をずっと続けていても意味がないこともお分かり頂けると思います。
ですので、これからハゲ対策や治し方を説明する前提条件として、時間軸の意識を持って頂くことが必要です。

継続するか否かは10ヶ月~1年後に。

ではその時間というのはどのように定義するものでしょうか?
これには髪の毛の寿命が深く関係します。髪の毛には1本それぞれに
新しい髪が生える成長期、抜けていく退行期、抜けてから新しい髪が生える準備をする休止期の3つがあり2~7年の間隔で生え変わっているそうです。これをヘアサイクルといい、それぞれにおおよその時間があります。一説には

  • 成長期… 毛の生えはじめから、成長が止まるまでの間 通常2~6年くらい
    今生えている頭髪の85~90%
  • 移行期… 成長期から休止期に移行する過程の一時期 約2週間
    今生えている頭髪の1%
  • 休止期… 毛根が退化してから脱毛するまでの期間 約3ヶ月間
    今生えている頭髪の9~14%

第一三共 くすりと健康の情報局より

というのが正常な人の状態のようです。
しかし、薄毛やハゲの人になると成長期が短くなる、もしくは休止期が長くなることによって、成長が終わって抜け毛が増えたり、生えたとしても細く、弱い髪の毛しか育たずに短期間で移行期になってしまう、もしくは新しい髪の毛が生えない状態が続くことになります。

つまり、この髪の毛の成長スパン自体が長くなるので、数日や数ヶ月と言った時間で効果を見極めるということは不可能であり、毛の生え始め(つまり産毛)や成長が目に見えて実感するには最低でも半年から1年位の時間を要するのではないかと考えます。
かくいう私の場合も、抜け毛がちょっと減ってきたなぁ?と実感できたのは対策を始めて半年後くらいだったことを申し添えておきます。

効果の実感ポイントは?

ちなみに、髪の毛の成長に合わせた効果の実感ポイントとしては個人差はありますが、私の体験した実感では概ね3段階に分けられると思います。

  • 抜け毛が減る…3ヶ月~半年
  • 産毛が生えるのを確認…半年~1年
  • 太い、コシのある髪の毛に成長:1年~3年

特に第一段階での抜け毛が減ることは、進行が食い止められていることを意味しているので大きな進歩といえるでしょう。
それゆえに髪の毛の様子をよく観察する姿勢も必要になってきます。例えば毎日のお風呂場で抜けた髪の毛の本数を数えて3ヶ月後明らかに減っていれば改善の兆しがありますし、逆に半年たっても本数が増える場合は今のハゲ対策が効果的ではないということになります。

基本全部やってほしいが、続けられるものを優先的に。

個々の治し方については、私自身も取り組んだ上での方法ですし、基本全て取り組んで頂きたいと考えています。
しかし、それよりも大事なことは「続けること」です。全てやろうとしても、途中でやめてしまっては元も子もありません。前提として最低でも10ヶ月は続けることになり、長いものであることからいくつか提示する方法から本当に続けられるものだけをチョイスしてとりあえず実践されることも一つのやり方だと考えます。

ページTOP