ハゲ大学トップページへ

私が試して実感できたハゲ対策法をまとめてみました。

自己紹介&私のハゲ改善記録

情報確認・更新日:2016年12月20日

はじめまして、このサイトを運営しているR.Iと申します。
まず一つ断っておきたいのが、「ハゲ大学」と銘打っておりますが、実際の大学ではありません。
あくまで、サイト名としてご認識頂ければ幸いです。
なぜこの名前をつけたかといえば、私個人の認識で大学というのは、ただ勉強する場というわけではなく、研究や論文の作成、さらにその成果を発表する場であると考えています。このサイトは対策方法を発表する場であるので、大学という名前が適当では?と考えたのです。

さて、自己紹介を簡単にさせていただきますが、まず、私は元・ハゲでした。
30代で発症したので元若ハゲともいうべきでしょうか…
以前はハゲに悩んでいましたが、今現在はずいぶん改善し、ぱっと見はだれもハゲであったことに気づかないのでは?と思っています。

しかし、ここに至るまでの道のりはそれほど平坦ではありませんでした。

はじめて自分がハゲなのか…と実感したのは、2009年のことです。
生え際の部分が月日の経過に従って、じわりじわりと広くなってきていることに気づきました。
また、起床した時の抜け毛の量も明らかに多いこともわかってきました。
当時はネット上にもハゲの改善方法について信用できそうなサイトはあまりなく、病院で治療できるなども全く知らなかったので、付け焼き刃の知識で育毛剤などを購入して対策を行ってきました。

しかし、1年半位たっても全く効果がなく、それどころか、見るからにM字型のはげになり、またサイドラインの部分から頭頂部にかけて断裂層のように薄くなってしまいまいした。
かなりショックに追い込まれ、はっきり言って仕事以外の外出すら難しく、悶々と過ごす日々が続きました。

そして、ある雑誌との出会いがきっかけで、今までの対策方法を全てリセットし、もう一度全てやり直しをはじめたのです。そこからは、一念発起して多くのサイトやさらに単行本、雑誌なども読み漁りました。

もちろん、この時点で、薄毛の治療ができる病院に行く選択肢もありました。でもやはり髪の毛の治療にいくなんて恥ずかしいですし、よくよく調べてみると病院でも完全には治るものではないということもわかったので、もう一度自分で頑張ってみてこれでダメだったら病院も考えようと思いました。

調べてみると、ハゲの原因も様々でそして対策方法にもいろいろな解釈があるということがわかりました。結局わかったことはひとつ。
「はげ対策というのはなかなか目に見える効果が出にくいから、それだけを追い求めるよりも、とにかく自分が信じられてじっくり続けられる方法だけを限定しよう」ということでした。
育毛剤も、もう一度選び直し、いろいろな方法も自分なりに解釈がしっかりできるようなものに絞りこみ、なおかつアレンジを加えて自分なりの方法で行ってきました。

その結果、半年後くらいからは目に見えて抜け毛の量が減ってきて、産毛の量も少しですが、多くなってきたという効果を得られたのです。

このサイトをオープンしたのは2012年のことです。
この頃には正確な比較はできないものの、M字もなくなり、生え際ラインもかなり戻る状態になってきました。友人にも「濃くなったんじゃない?」と言われるようになったので、ここまでに3年は掛かったものの、改善できたと自負しています。

その時までに得られた知識や経験を元にして、私なりの対策、予防について、読めるようにまとめたのが当サイトの内容となります。もちろん、リバウンドが怖いので今でもこれらの方法は実践しつづけています。

内容によっては一般的な意見と異にする場合があります。
しかしこれはあくまでも私自身が経験して、体感できた内容のみをまとめていますので、その旨をご理解の上、ご覧頂ければ幸いです。もし私の対策方法についてさらに詳しく聞いてみたい、ココをもう少し詳しくということであれば、お問い合わせのページよりご質問ください。

私のハゲ改善記録

よくビフォーアフターというようにハゲになっている時の写真と改善後の写真を比べて載せられれば一番私の改善状態がわかるかと思います。しかし残念ながら、その当時は、ハゲになったことにショックすぎて写真を撮るなどできるものではありませんでした。
ただし、一念発起して、ハゲ対策を始めた頃からは、本当に数回ですが、自分の携帯(ガラケーなので画質悪いです)でたまに写真を撮るようにしました。比較が出来る写真のみの掲載と合わせて私の改善記録を端的に書いてみたいと思います。

2009年頃 ちょうど36歳になってまもなく、生え際の部分が広くなってきていることに気づく
2011年頃まで 漠然と育毛剤のみの対策で行っていたがどんどん進行し、頭頂部まで一部分が断裂したようになってくる。
2011年6月~ 対策方法を根本から改め直し、書籍や育毛に関するサイトを読みあさる日々。育毛剤を取り替えたり、生活の中でできる対策方法で再度チャレンジを開始する。

写真はこの時に携帯で撮ったものです。おでこの部分では髪が垂れ下がっていますが、当時は無理やり周辺の髪でMとわかりやすい部分を隠していました。
2011年の年末くらい 起床時の抜け毛の量が減ってきたことを実感するようになる
2012年3月16日 頭皮が露出していた頭皮に産毛が生えてくることをはじめて確認した日(とにかくうれしかったので覚えています)
2012年10月25日 断裂部のハゲがほぼ解消したことを鏡と写真をもって確認。M字のラインもかなり押し戻したようになってきて自分の対策に自信が持てるようになる。
2016年12月
現在の状態です。年はとっているので髪は減っていてもおかしくはないのですが、対策は地道に続けているので、前回写真を撮ったときから比べてみても全体の毛の量は特に変わらず維持できています。最近流行りの七三分けの髪型にしても周りからはほとんど気づかれない状態です。

免責事項

  • 本サイトは、私自身の知識や経験から得たハゲ対策方法について記していますが、実際の効果については個人差があり、保証まではいたしかねます。
  • 本サイトのご利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等があった場合においても、本サイトにおいては一切責任を問わないものとします。
  • 本サイトからリンクによって他のサイトに移動された場合、移動先のサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
ページTOP